世間に自分を知ってもらうことは難しいです

投稿者:

世間を知るための手法を解説します。

世間をしる為に自分のことから捕捉していくことが必要で自分を捕捉して世間の人の言うことを捕捉したケースではいう流れは一般です。

自分自身を知ると世間の目で自分を見た時にどんな風に映るのかが分かります。

人の目を意識して自分を見ると自分がどんな風に映っているかが分かります。

相手の人が自分をどんな風に見ているのかを考えるのです。

自分が相手の目に映っている姿を想像しても自分の「想像」というのは全く別物だとおもいます

何も自分を知らないで想像したケースではギャップが生まれます。

現実生活と自分の自己中心的生活がズレて逆に苦しみます。

特にヒトラーが居たころの話ですが「ナチスの実験」として「ウソをウソで返す会話」がありました。

この会話で自分自身の言葉が自分を攻撃していると錯覚するのです。

結局自分が世間でどんな目で見られているかの「客観観点」を無くしていきます。

自分が分からなくなると言うこというのはそれだけ恐怖的なことですのです。

実に怖い話ですが自分が分からなくなるのは「異常」です

常々から自分の「心に呼びかける」の気味を持ち続けて「自分を無くさない」と言う強い気味が必要です。

精神的な強さも必要になってきます

反応が遅くても構いません。

一般に自分の気味を表現するだけです

そうした世間の目の受け止め方や世間の人へ目を向ける手法が分からない人が増加しています。

自分が世間のなかで向けられている目は自分の見えていない部位にも十分突き刺さっています。

気をつけて下さい。

世間を知るために色眼鏡をはずしましょう

人は世間をしる為に自分の経験や経験を物差しにして考えがちです。

例えば相手のことを全く頭に入れずに自分勝手な意見ばっかりを出して物事を運ぶとかです。

自分の経験や気味を上手に話せずに気がついたら適当な言葉だけを並べてこの時代を語っていたと言うことがあります。

こういうスタイルの人は自宅に居てテレビを見たらいくらか影響を受けていたり何かしらの政治論をいっぱい頭にいれこんでいる見込みがあります。

実に怖いのは自分が世間知らずになっているのに気がつかないで「世論」を実行することによってす。

頭の中が完全な政治思想で固まっているのに気がつかないで世のなかに声を出したり自分の声明を上げようとする人がいます

一つのことに集中していると言うゆえんで確かに捕捉出来る言葉があります

実に自分が何を言っているのか何をお目当てに世のなかに出ようとしたのかと言う考え方が「政治思想」の性格です。

これは本人は気がつかないだけで政治思想を強力に抱いている人や自分の日常意識を「宗教的」にまとめる人に見られる性格だとおもいます。

政治思想が実に的確のかどうかは「第三者」が指摘する以外にありません。

この時代を知る=世間を知る手法は「お勤めをして働く」のが基本になります。

一番急いで言えば働いて生活することがこの時代を知る手前の基本ではないでしょうか。

ありのままににこの時代を知ろうとして「テレビ」や「パーソナルコンピュータ」とか「新聞」を読み込んで覚えようとする人がいますが「全部色眼鏡」です。

ありのままにには知ったことにはなりません

それは完全な間ギャップで完全な片寄りとして頭のなかに固着するので辞めましょう。

素直に外に出て働いてこの時代の風に当たる以外に手法はありません。

世間を知るために勉強しましょう

12歳前後からだとまだ間に合う世間への目線の治し方があります。

私は遅れて12歳から新聞やニュースを見るようになりました

他の人たちはみんな7歳から新聞が読めたりニュースを捕捉できたりしていたやうです。

私は少しばかり遅れ気味でしたがそれほど引け目を取らずに新聞やニュースを見て捕捉しようとしていました。

それが、15歳になったころには政治家の考え方をマネした生活や日常景色が目立っていました。

たぶんテレビや新聞の影響を強力に受けたんだとおもいます。

自分自身でテレビや新聞の内情が実現したケースではおもいこんだ見込みがあります。

ありのままにに日常生活で世間を知る為に特になアレンジをおこなうこともなく細工があるわけだとしてもありません。

自分自身で世間を知ろうとして誤りしているだけですのです。

これは誰にだとしてもあることです。

世間を知ろうとしても「頭でっかち」にならないようにすることによってす。

情報は全部「偏見」と「架空」や「想像」が含有されている部位があるでしょうから自分自身の「実経験」と「一生経験」で覚えていくほうが遙かに楽で自然体の考え方になっていくとおもわれます。

つまりは、「台本を備えしない」と言うことです。

自分がこの時代を知る為に台本を備えするのは解説家を目指すのと同様のものです。

話すことを有利にしてくれるための道具であってこの時代を知ったことにはなりません

この時代を知るにはあるくらいの一生経験が必要です。

出来るだけ一生経験を積んでこの時代を知る為に行動しましょう。

それは反実この時代世間一般的な政治団体みたいなものじゃなくって「一般に働く人の姿になる」と言う容易なところから滑り出しするだけです。