世間知らずのリスクファクターは全く外れです

投稿者:

住む立地を探しているときに自分が住む・遊ぶ・怠ける理由で選択する友人がいました。

ありのままにに自分が定職に対して経済技能を高めているわけだとしてもないのにです。

生活の知恵も無くて自分がどうやってそれを実現するかを全く考えないひとです。

人間関係もお金にかんすることも自分勝手な判断をして両親から逃げてお好み放題にしているところです。

地震が起きたり火事が起きたら逃げようとしたケースではころだけは考え方がまともなところがあります

ありのままにに日常生活で何が原因で何を求めて世間に出ようとしたのかを考えずにお好み放題に自分を動かそうとしたり考え方の問題を克服することもなく「私は世間を知っている」と表現する若者が増加しています。

近頃の若者はなぜかそうした世間に対しても「これだ」と言う考え方をもたずに何か本気でトライしているところが全くありません。

とくに自分が決めた道に進むための修錬や日常的な生活習慣をキープできていないことです。

自分が何を目指しているのかを全く考えられないところです。

実にめざいているものが眼の前に存在するのに全く反応が出来てないこともやうです。

住む立地も自分の自由な自己感覚で選定してお好み放題に遊んで後は知らない顔をして夜逃げをおこなうことがありました。

私はその友人をみて「生活と世間のシステムを知らない人だ」と早速に分かりました。

遊びでお好み放題にして生活してきた人は世間を知らないし全くその後の生活や将来に目標も希望も持つこと無くリスクなリスクが溢れる行為を無意識に増やしていきます。

世間の目から自分を知る

以来の日常を自分自身で考えたりしていますか。

明日から何が起こるか分からない時にはあなたはどうしますか。

例えば借金をしたとか自己破産をしたとかです。

この時代を知らない人がお好み放題に自分の我ままを通した後には必ず大きな反動が襲ってきます。

つまりは、「ツケ」の分が返ってきているからです。

自分がこの時代を甘く見て生活してお好み放題に暮らしてきたことでいっぱいの人に迷惑を与えたり損害を与えた見込みは否定出来ません。

それが原因でお好みなように生活していたところを突然、失業・リストラ・退職・バイトを辞める・資金ショートを起こしたと言うトラブルが襲った時に行動が取れなくなります。

生活上のトラブルや予防できなかった問題は全部自分の責任になります。

そういう時に限って自分の責任から逃げようとしたケースではころがあります。

これは若者や近頃のフリーターに沢山性格です。

自分が日常生活で行き詰まる壁に衝突する度に世間のせいにして人のせいにしたケースではころです。

これは29歳~40歳過ぎまで続く奇妙な「世間知らず」の特徴を表しています。

具体的に世間知らずが現実化して外に出てしまうと恥ずかしいのは本人です。

そうしたケースでは何も得をせずに損だけしていきます。

損をせずに一定レベルの日常が送りたければ無理な生活習慣を創らないことです

例えばですが「腹が立つから警察手帳レプリカを利用してやる」と言う考え方を持つ人は「実この時代世間一般的脅迫思想」が強力に根付いている人です

そうしたケースでは的確方向で物事を捉えられなくなっていずれ生活は「墜落」したケースではおもいます。

つまり世間を知る為にはワイド人間関係と人との関わりがあってようやく見えてくる「他者の目から見た自分」を知ることです。

他者の目から見た自分を知るこというのは「己を知る」=「世間を知る」+「世間の目を知る」と言う流れになっていきます。

自分を客観視して世間を知りましょ

効力のない資格や効力が無い物品を身にまとって近辺に見せている「自分メリット」が強い人がいました。

よくアルバイトで稼いだお金を夜遊びに利用してしまう友達でした。

それがずっと3年間も続いて本人は実この時代一般参加昔に働かない人になっていました。

中学校時代からの生活や高校生活や大学生活で何を学んだのか分かりません。

食すことや飲み食いすることにだけ自分の時間をつかって生活の質を無視しています

他には会える人に合わないようにして、話さなくても良いことを話していくと言う変な性格です。

これが「金持ちで育ちすぎた」と言うスタイルの人だと感じました。

私は一定レベルの家計で育っていたり貧乏だったりしましたが「金持ちすぎて育てられた」と言うスタイルの人を見ておもいます。

たぶん「壮年期~老年期」の間で何らかの配偶者・親族・職業の損失を出すと言うものです。

大体は当たっていますが配偶者を亡くすところまでは正確に進むとおもいます。

結局、この時代へ自分を出さないでお好み放題に生活している人は後の生活で苦しみます。

そのころに助けを求めようとしても助けは訪れません。

それが世間知らずで育っていく成人の姿でパッと見が一般に29歳前後の人間の姿であっても「完全な腐食」を遂げていることが見えてきます。

ここに世間の目があたりますから本人の希望する日常生活は得られないとおもいます

自分自身にあてられる世間の目を通して自分を見て客観視することが大切です。

そこから見える姿をよく考えてみましょう。

勝手な・わがままな・適当な姿かも知れません