ルームシェアの前に世間の様子をよく見ます

投稿者:

仲よくしていた女の人から声をかけられて「いっしょに暮らそう」と誘われるこというのはありますね。

よく友達とルームシェアしたりするのと同じです。

ルームシェアによる生活もあるくらいは世間を知らないと出来ないところがあります。

優しく女の人から声をかけられることがあっても大半は「連帯保証人」をお目当てとした狙いがあるとおもわれます

折角優しくしてもらっていたのに、あれだけ仲よくしたのになぜか妙な人間関係に発展する同居生活があります。

まず世間一般的ではないことが一つありますが「女の人との同棲」です。

この同棲生活には容易には見抜けない落とし穴が数多くあります。

ありのままにに自分がどんな風にしてその女の人と出会ったのかをよくおもい出して下さい

世間に出ればいっぱいの異性がいて出会いがあります。

実に「まともな出会いかどうか」と言う疑いです。

トラブルと恐怖や不安が後から来る前に自分が何を求められているのか考えます。

同棲しているときに言われるこというのは「お金・費用」の2つです。

2つ文句だけがいっぱい溢れているなかで一つは「金目当て」なのと「通帳狙い」と言うものがあります。

ニュースで世間のことをよく調べると特殊詐欺や結婚詐欺等がある時代です。

自分の出会いや異性との関わりが実にまともで的確ものなのかをあらためて考え直して下さい

連帯保証人になってほしいと要求されたケースではには初めから計算された出会いになっています

相手のおもい通りになっていると見えます。

相手を見極める目を持てるような考え方が必要です。

世間を知るために必要な知識を身につけましょう

世間を知る為に必要な知識は日頃からの積み重ねで習い覚えた「他人の会話」です。

人の会話をよく聞いて相手の話を捕捉しているうちにビジョンが開けて世間を知るような頭になってきます。

なるべくこの時代をよく知る為に出来るしかないことをしたケースではいうことが10代の課題だったとおもいます。

ちびっこのころからこの時代をいっぱい知る為に生活手法や独立手法や自律の研究をしたことがあるとおもいます。

世間に認めてもらうまでにはすさまじく長い年数の間は修行や修錬やとレーニングを誰も見てくれない中で続けないといけません。

ずっと、たこ焼きの屋台で修業を続けるとかペイントデザインのトレーニングを20年間も続けているとかです。

何か1つの対象を決めてずっと続けていくから世間が認める人になるんだとおもいます。

たぶんそれは一定レベルの人たちには出来ないような難しいものだとおもわれているはずですが子供にも出来る時代になりつつあります。

新しい体力創りの手法が見つかっている時代ですので昔に比べると格闘技のワールドもかなり進歩しているとおもいます

自分自身がどうして上手に世のなかに出られないのかと言う問題を抱えている人は沢山とおもいます。

特に若い世代にはありがちなことです。

それが「若年者の反応性うつ有り様」だとおもえます。

お勤めもしてないのに世間とか実この時代一般とかのシステムを頭のなかで計算して勝手に想像して行動もせずに口先だけでしゃべっているスタイルに多く現出ます。

世間を知るのと身のまわりの人の生活景色を知ることを忘れないで下さい。

だまされてはいけません。世間の目を使いましょう。

銀行に用事があると言ってそれっきり帰ってこない彼女が居ると友人から耳にしたことがあります。

初めは通帳記入だけで銀行に行くと言っていたのに後で見るとカードも財布もカバンもなくなっているやうです。

(怖いですね)

これは容易に言えば「相手を見抜けなかった」と言うことです。

短くは「だまされた」となってきます。

遊びに一心不乱で余分なことをせずにお金だけ利用している放蕩生活にはよくある例です

こうして自分が見た価値観だけで物事を判断し他者の意見をまったく受け入れられなくなっている有り様の姿と行動を取り続ける若者にはいずれ「反動」が発生します。

今日までの生活と将来の生活で自分が獲得するべきものを逃がし続けたことで起きる反動です。

これはどうしても本人の世間知らずの性格や遊びにふけいるしかない日々からくるトラブルの元ですのです。

トラブルの元は徐々にゆっくりと本人を追い詰めていきます

世間の声は「働いていれば大丈夫」とか「きちんと就職しろ」と言うものです。

これが正解です。

人の意見をきちんと聞いて相手の話が捕捉出来るところまでは多彩な人たちと付き合っていっぱいの人間関係の経験をしていく必要があります。

それが実この時代一般経験です。

ここから世間を知るための意識や知識が身に着きます。

それはやがては自分自身の生活の知恵や技能として身に対していきます。

技能が身につかなかったりきちんと働かないのはそれだけ実この時代一般経験と世間の目が足りないからです。

頑張って日常生活を満喫出来るくらいになるまでは世間の目を意識した職場修行が必要になるとおもいます。