怪しい人からは賢く逃げよう

投稿者:

世間手を意識した生活習慣と日常のワークライフバランス。

世間の人たちは見るからに怪しいとか変だと言う声や意見を飛ばしてきます。

誰にだとしても口先で言いたい放題を言うしかない役に立たない人もいっぱいいます。

コンビニでストアー員をしていてもストアー長をしていても対して世間的な立場だとしても無いくせに口先だけが働くものです。

私たちが自分の意識で生きようとしていることがそういったにおかしいのか?とおもわされるほど間違った意見を述べるアルバイトの知人がいました。

お好み放題に両親のお金を利用して遊びながら自分の日常生活を口先でペラペラと話しながら時間を潰していました

お金も資金も全て両親から頂いたものだと言うのに無駄遣いが絶えません。

無駄遣いをさせない為にも本人に対して仲間が注意を促す必要があるとおもいました。

そして事件は発生します。

とうとう、自動車の車のなかでめちゃくちゃに喧嘩口論が広がっていました。

何かおかしいなと感じたら早速に離れて関わらないようにすることによってす

自分の前に居る人が少しばかりだとしても変な人だと感じたら早速に離れることです。

絶対に顔を合わせないようにして不要な意見は交わさないようにします

それが世間の目として相手を見ていると言うゆえんになりますから

注意して自分の素行や身のまわりに変な人がいないかを確かめましょう。

相手がだれであろうと怪しいとか変だと感じたらすぐ逃げて下さい

それだけ世間は不審者をシビアな目で見ています。

自分が安全だとか一定レベルの人だとかを決める時代は終了しました。

自分がまじめだとか一定レベルの人だとか決めるのは世間の目です。

つまりこの時代があなた自身を決めるときがくると言うゆえんです

喧嘩口論をしても相手を世間の目で見極めよう

喧嘩口論をして自分が逃げられないような状況に追い込まれているときはどうしますか。

友達のあつまりに呼ばれただけで気が付くと喧嘩口論に巻き込まれているとします。

それは、あなたのせいではありません。

口論の対象になる人は初めから近くに居ることになります。

その相手に自分が向き合う度胸が無くてあなたを呼び出した見込みがあります。

自分から向かっていく技能がないとか世間の目が気になるとか何かしらの世間の目を気にかけての行動です

仲間を大勢集めていないと世間の目ではよくない評価を受けるとかかっこ悪いとかの例です。

そうした世間の目を気にかけてまでやらないといけないようなことだったら初めから関わらないのが一番です。

特にに忙しくもなければ無理に関与する必要はありません。

自分の家とか部屋に隠れていればいいのですので。

特に、自分の身内に「躁鬱病」の人がいて悪いことをしているのに放置するこというのはありません

それは世間では措置入院として克服出来ます。

世間的な目線でおかしな人間関係の存在を断ち切断することもキーポイントです。

無理は言いません

なるべく自分の出来るスポットで世間の目を通した人間関係の克服を狙いましょう。

おかしな人間関係もそれだけで克服します。

自分の反応や行動スピードにも影響がでるほどリスクを秘めていることがあります。

それだけ世間の人たちの世間一般的な目線で人を見極める力が必要ですのです。

何だとしても大丈夫、信頼出来ると言うほど甘くはありません。

いちど人対人の出会いを見直して見るのは如何ですかか。

きっとプラスがあるはずです。

会社の仕事も世間の目が作用します

世間の目を利用して自分を客観的に評価する手法をご存知でしょうか。

それは、世間的な考え方を駆使して物事を動かす考え方というのは少しばかりギャップます。

人との関わりを意識したケースではころまでは行かずとも世間との関わりを強力に意識したケースではころまでは上手に人と付き合う手法を覚えます。

誰かに関わりながら自分が生きるのはさすがに疲れるとか世間のなかで自分を売りだすのは無理だとおもうこというのはありません。

人との関わりは世間の目を養う大切な経験になっていきます

ありのままにに自分から何をどんなふうにして見てきたのかを振り返るチャンスもあるはずです。

自分から専門業者生命をかけるほどの大きなプロジェクトを広く展開したケースではきには世間のことをいっぱい知っている必要があります。

自分たちが考えているアイデアや将来の企画が世のなかに出ていくと言うこというのはそれだけこの時代の考え方や物事の動かし方をよく捕捉しないといけません。

大変なのは自分が世間で認められているかどうかです。

世間で認められていないケースではには実にさみしいものです。

会社のなかで自分のお勤めや使命がまったく与えてもらえないときは実に苦労します。

お勤めが欲しくてもお勤めは一回も回ってこなかったり自分の企画は世のなかに認められないとかの意見が殺到します

そういう有り様だとしても自分の意見を通してしまう人は「独裁政治」として見られますが世間を意識している人は「エース」として与えてもらえます。

他にも出来るか出来ないかを問われることなく引き立てに合うほどお勤めを楽しめる日々がまっています。

日常生活で自分から進行して何かに取り組むこというのは会社にすさまじく大切なことです。