生活領域も世間の目で客観的に評価しましょう

投稿者:

個人の生活領域に世間の目が関与しているこというのは確かです。

ありのままにに世間の目で物事を進めるわけではありませんが自分がどうして世間の目を意識しないといけないのかを考えます。

現実に自分から進行して世間の目を意識した生活習慣を創り上げるこというのは結構苦労します。

そういった場合には人から教わる姿勢を持ちましょう。

自分から進行してことを運べない時や自分から実行する勇気がないときには世間の人たちから教わっていくようにします。

みんなから教わるこというのは会社だとしても学んでいるはずです。

一つの組織で学びながらきちんとお勤めをしていくことです。

きちんとお勤めをして一つの組織で長く自分のスキルを磨くことに専念します

集中して自分の力で物事を克服していくことではなくて「この時代の流れにのって動かす」と言う部位です。

オリジナルの政治論やオリジナルの宗教では通じない時代になっています。

大切なのは「一般論」を一般に言えるしかないことです。

これは世間の目の基本です

世間の目の基本は「一般論」ですので「応用論」は誰も求めていません

そういった世間の話に対しては自分から捕捉するのと相手に捕捉を求めていく両者のバランスが大切です

自分を確かに持った有り様できちんと意識して世間の目に合う自分の姿と生活スタイルを持っていく基礎を築きましょう。

個人の生活領域に世間の目を投入するこというのは容易なことです

自分が実に意識している部位がキチンと第三者に評価されますから

第三者に評価されていることが確かに世間の目で見たものかどうかは相手に訪ねてみましょう

悪いところは全部却下されているはずです。

自分のおもいこみで自分が偉くなったとか強力になったとおもわないほうが身の為ですね。

企業も世間を知るシステムをさらに取り入れるほうが安全です

世間の目を利用して自分を客観しましょう。

この時代の人たちの意見をちゃんと聞いているでしょうか。

専門業者や会社になるとたぶん第三者の意見と比べると自分たちの政治を優先しようとするはずです

けがらわしいほどに自分たちの日常を優先して時間も資金も経済もおもいのままにしようとする機動があります。

特に地方の零細専門業者の一歩上の「中小専門業者」と見える会社組織は確実に「自己政治」を実現しようとします。

自己政治は実にリスクな政治手段ですので一般専門業者の方は絶対にまねをせずに下さい。

「自己政治」=自分を基準にした独裁政治のことです

これが他者の意見を完全に破壊して追い出して一番ゆうえきな意見を述べていたり一番まじめに頑張っている専門業者や組織を潰していく流れになっていきます。

気が付くと相手の意見を批判して跳ね返すしかない日常が続いて気づいたら「実この時代世間一般的孤立専門業者」となっているはずです。

他には独裁力が強すぎて第三者が近づけない有り様になっている見込みがあります。

こうしたシステムは「衝突性専門業者システム」として目立ちます

一見は何もない専門業者システムに見えますが最後には「政治主義」とか「反実この時代一般勢力」として世のなかに広がっていきます。

最終的にはそうなります。

一応なんとかブレーキを効かすこというのは出来ますが、世間の目が許さない利益の探求をしていたケースではは素直に謝罪するか処分または始末となってきます。

こうして専門業者組織にも世間のことを知るためのシステムをいくらか持ち込んでおくほうが後々は安全かも知れません。

内部告発や何かしらの問題が起こっても大丈夫な有り様にしておきましょう。

備えるなら早めが一番です

企業秘密や謎の行動をしっかりと観察しましょう

専門業者シークレットや謎の行動を世間の目を利用して評価する手法には「匿名化」と言うものが一つあります。

匿名にすることによってありのままにには存在しない人として架空の存在で攻撃したり情報を提供出来るこというのは知っているでしょう

会社のなかで自分の日常景色や生活内容をきちんと克服して政治思想を働く人もいるとおもいます。

政治思想を一度働かせたら中々抜けられないのが現実です

社員を自分の国民として見て政治思想で評価していく、会社は容易に言えば一つの国家みたいにしてシステムすることがあります。

一つの国家として成立していくから他者の意見や世間の目が行き届かなくなります

世間の目が行き届かないところに評価を受けることがない「空間」が存在するのです

それは「人の目を避けた無法地帯」となっている立地です。

例えば女の人と性行為をしても分からない立地があったとします。

他には何かしらの肉体関係をキープ出来る空間も存在します。

それが世間の目にはとまらないことが不思議です。

一つは「圧力」と「先脳」です。

こうした先脳や圧力がどれだけリスクなものかご存知でしょうか。

世間の目を通して自分の会社を評価する目とデリカシーが問われている部位があります。

しかしながら、世間の人たちの意見はいつもシビアなものです。

なるべく世間の人たちに苦情を受けないようにしたいと願っている気味の社員も多くいるとおもいます。

急いでよくなるといいですね。

実に近頃の専門業者政治は大変こまります。

(以上が世間で言われる近頃の噂となる会社の政治です)