世間の意見が聞ける組織とシステムを目指す

投稿者:

ありのままにに会社の内部でおこなわれる政治会議には反実この時代世間一般的勢力に似た形の言葉も使われます。

世間の目をまったく気にせずに会議が開かれます。

特に他の人たちの意見なんかはまったく無視にするほど難しいあつまりだやうです

特にな克服は必要なくて世間の声をきくしかないことですので自分から進行して何か特にに難しい評価を与えるこというのはありません。

それだけ会社のなかには世間の目にとまりずらい部位があるのです。

期末や予算の調整には多くの会計が関わっています

いっぱいの書類や帳簿や伝票類です。

これを人がお好みなように調整出来る時間があってかつごまかす時期があればそれはたいへんリスクな政治になるかも知れません。

1つの小さな事務所だとしても起きそうな出来事ですが、自己個人政治がまかり通る立地では他人の意見は皆無です。

その皆無で従業員たちがありのままにに感じ取っているこというのは「世間の意見を投入するほうが良い」と言うものです。

無理な意見を投入するのは危ないので一般に「不正はせずにね」とか「違法な商売はダメ」と言うものです。

これぐらいの意見は取り投入して上手に行動しましょう。

こうして政治や自己政治主義にとらわれない日常生活を送れるようになって下さい。

リスクなのは世間の意見を聴かない会社や組織です。

これらはたいへん強いリスクをはらんでいます。

そのリスク性があやぶまれる中で「宗教思想」が目立つようになったら要注意です。

宗教思想は実にリスクな要素をはらんでいます。

余分に世間の目が届かなかったり世間の意見が届かなくなるためです。

世間の目を通して自分たちの組織を知りましょう

世のなかで誰かの意見をきく時にはあなたはどうしますか。

電話のほうがきき易いですか。

それともeメイルの方がきき易いですか。

自分が常々から世間の声をどうやって聞いているかを考えて下さい。

相手の声をきちんと聴けるようにして自分自身の気味を認めていますか。

遊びに行くのも会社で働くのも自由ですし政治活動をおこなう自由もあります

政治活動はもとより宗教思想を持ち込んだ会社が増加しています。

これが世間の言うことを聴かなかった人たちの集まる立地なんですね。

世のなかでちゃんと生活せずにちゃんと日常を送らなかった人たちが集まるダメな部署もあります。

会社としても電話にしか出ないサービスの会社とかいろいろです。

世間の意見を聴かないでお好み放題に自分の日常生活を謳歌している有り様で会社経営が成り立つわけがありません。

組織はおのおのみんなが規則を守って初めて成り立つものです。

実に最悪の有り様にまで下がってしまいます。

世間の目を通して人の意見を通して自分たちの組織を見ていくことがいかに大切なのかを捕捉していきましょう

そうしたケースでは実に楽になれます。

世間を少しばかりだとしても知るこというのはワイドスポットで自分の日常景色を知っていくことになりますから余裕も生まれます

楽しさや気味や希望は絶大です。

だからと言って無理にあそんだり組織の利益をごまかすような行為を働いている人もいっぱいいます

シロアリのような集団も存在するほどの世のなかです。

実に怖いとおもいます。

信じられるのは自分自身だけですね。